WEB制作のワークフロー

WEB制作と一言に言っても、そのWEBに対してまずどこから手をつけるか、どういう流れで制作していくか、ということを事前に取り決め、ワークフローとしてクライアントと共有することは非常に重要なことです。

一般的にWEB制作のワークフローとして、まず全体の流れを見た際に、どういったプランにしていくかでしょう。

ここがぶれるとWEB制作において後で大変な修正、見直しが必要になります。
無理のないスケジュール、計画的な予算配分が出来てこそスムーズなWEB制作が可能になります。

そういったコンサルティングを含め、サイトコンセプト、全体のスケジュール作り、そのWEBに関するサービス、商品等のクライアントとの綿密な打ち合わせなどを経て、ようやくそのWEB制作案件全体の流れを作ることが出来ます。そして、全体のプランが決まったら初めてWebの設計という段階に入ります。

そのWEBで、どういうデザインにするのか、ユーザーインターフェイスはどうするのか、システムの構築はどうするなど、プランの企画段階から具体的なイメージを落とし込んでいきます。

このWEB設計の段階でほぼ100%の仕様を決めておかないと、後で問題が発生することがあるので、しっかりと見据えたWEB設計が必要不可欠です。

その段階を経て、ようやくWEB制作の中核となる構築段階に進みます。


写真やグラフィックの制作、サイト、プログラム等の具体的なコーディング作業を経て、実際のデータを作成します。


この段階でサイトのデータそのものは一応の完成となりますが、この後に実際にテストが必要です。

WEB訪問者がそのWEBにおいてどのようなルートをたどるか、実際に使い勝手はどうか、ターゲットブラウザでの動作に問題は無いかなど、万全に様々なテストを経てようやく公開となります。WEB公開後も、そのサイトがよりよい成果を上げることが出来るよう定期的な更新は勿論のこと、SEO対策、運用のメンテナンス、そして訪問者からフィードバックなどから新たな改良を立案していくなど、WEBサイトの公開は一つの終わりではなく、ある意味始まりでもあります。

http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/pdff.html
http://www.kyoto-sanjo.or.jp/event/779.html
http://www.ebs-net.or.jp/

多面評価情報を参考にしましょう。

フレッツ光のキャンペーンの分かりやすい情報はこちらです。

多角的な視点からビエネスに関する良い情報をご紹介するサイトです。

インターネットの引越しをご紹介します。

フレッツ光のキャンペーンに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。